2014年10月25日

低分子フコイダン

フコイダンには大きく分けて「低分子フコイダン」と「高分子フコイダン」の2種類があります。
このどちらかが優れているという公式な見解はまだ発表されていません。

つまり、どちらが優れているという結論が出ていないんですね。
では、一体何が違うのか?
また、それぞれの特徴は何か?

簡単にまとめてみましょう。
低分子フコイダンとは文字通りフコイダンを低分子化した物です。

では、なぜ低分子化する必要があるのか?
それは簡単に言えば体に吸収しやすくする為です。

私達の体が十分に吸収できる分子量は3000以下と言われています。
その為に、低分子化するほうが消化器官から体内へ効率よく吸収されるという考え方に基づいて作られているのが低分子フコイダンです。

一見正しいように思います。
ただ、ここで一つ問題があります。

それはフコイダンはそもそも高分子多糖体として存在する物だと言う事です。
つまり。低分子化した時点で既にフコイダンではなくなってしまうと言う事なのです。

だとすると効果はどうなるか?
ここに疑問が生まれます。

フコイダンを摂取する一番の目的はその効果を得たいからです。
決して吸収性を競っているわけではないわけですね。

また、低分子フコイダンの吸収率が本当に良いのであれば、高分子フコイダンよりも少ない量でも同じ効果が得られても良いはずなのですが、そのような結果も証明されていません。

つまり、現時点ではそれぞれの考え方の違いは明確ですが、その効果の違いがはっきりと証明されていないのが現状です。

ですので、今の段階では低分子、高分子でフコイダンを選ぶ事は難しいと言えそうです。
フコイダン自体がまだまだ研究途中なのです。

【参考】
フコイダン 人気ランキング





posted by tt at 19:06| Comment(0) | 低分子フコイダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

ヤクルトフコイダン

ヤクルトからもフコイダンが販売されているようです。

ただし、ヤクルト本社ではなくて、ヤクルト薬品工業株式会社からの販売。
こちら。

ヤクルトフコイダン

ただ残念な事にこのヤクルトフコイダン、どこで購入できるのか??
ちょっと分かりませんね、かなりチェックしてみたんですけどね。

その他にはヤクルト本社にはサプリズム フコイダンと呼ばれるサプリがあります。

こちら

サプリズム フコイダン

この商品の購入は販売店からの購入のみになっているようです。

あと、手軽に購入できるものにこんなシリーズもあります。



ヤクルト ナットウキナーゼ+フコイダン 40.5g(270mg×約150粒)

このサプリは1日6粒で納豆1パック相当のナットウキナーゼとモズク1食分相当のフコイダンを摂取できるという物です。

フコイダンにナットウキナーゼ。
とっても身体に良さそうです。

【参考】
フコイダン 人気ランキング


posted by tt at 00:55| Comment(0) | ヤクルトフコイダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

沖縄フコイダン

フコイダンはめかぶ、昆布、わかめなどにも含有されている事がわかっています。
ですが、沖縄モズクにはそれらに比べて2〜3倍の量が含まれているんです。

また、量だけではなく、研究の結果、他の海藻から取れるフコイダンよりも効果が優れていることもわかっています。
これは沖縄の海が持っている豊富なミネラルを吸収している事が理由のようです。

その為に、沖縄産の沖縄もずくから作られているフコイダンがやはり一番人気なのです。
また、良いフコイダンを選ぶ大きなポイントでもあります。

ちなみにその沖縄産モズクを使ったフコイダンの中でも特に人気なのが100%沖縄モズクの「生きるフコイダン」
高品質、低価格で非常にコストパフォーマンスに優れているのがその理由です。

沖縄産のフコイダンをお探しなら一度チェックしてみると良いと思います。

⇒ 生きるフコイダン 公式ページ



posted by tt at 14:03| Comment(0) | 沖縄フコイダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。